朝ドラのまんぷくのネタバレを含めた感想を継続して書いていきますね♪

朝ドラまんぷくのネタバレを含めた感想

未分類

朝ドラのまんぷくのネタバレを含めた感想26話

投稿日:

おはようございます。ゆりこです。
2018年10月30日に放送の朝ドラのまんぷくのネタバレを含めた26話の感想を書きたいと思います。

克子姉さんの子供たちは克子姉さんを助けてあげようと靴磨きをしてお金を稼いできてくれた。
それに思わず涙する克子姉さん(´;ω;`)いい子たちや…(´;ω;`)
そんななかお母さんは萬平さんに発明家として何かできることはないのかと問い詰めた…。
福ちゃんは止めようとしたんだけど、萬平さんは色々と思い悩んでいた。
そして生活はずっと苦しくて毎日おんなじごはんにみんな飽き飽きしていた(;´・ω・)
そんな状況についにお母さんは大事にしていた着物を売ると言い出した\(^o^)/
早速売りに行った福ちゃんとお母さんだけど、150円で買われると言われてしまい、
そんな安物ではないと言っているところに世良さんが現れたΣ(・□・;)
世良さんは着物を300円で買ってくれた\(^o^)/
今のご時世公平に生きていくのは不可能だから、安く仕入れたものを高く売りつけると言っている。
でも確かに今はこうでもしないと生きていけないもんね…(´;ω;`)
そして立花さんに「はよ戻ってこい、発明家の立花さん」とエールを送った。
落ち込む立花さんに「今はハンコも何もなく自分を証明するものすらないご時世なんです」と話す福ちゃん。
すると、「そうか!!作ってやればいいんだ!!ハンコを!!!」とひらめいた\(^o^)/
ついに立花さんが発明家の目に戻った(*´ω`*)

-未分類

Copyright© 朝ドラまんぷくのネタバレを含めた感想 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.